索引へ  作品別 / 世界別 / 五十音順 
ページ内リンク 基本データ / キャラクターデータ / 画像データ / アイコン一覧 / ゲームデータ / コメント 


「きっと、私達にだって、居場所はあるはずですから…」

 レイ=クウォート
 『狂い歌の妖鳥』  
出身元素の世界 メルンテーゼ
山岳のハーピィ集落 ジェンティレ

画像クリックで拡大
種族魔法ハーピィのエンブリオ
性別
年齢種族的に成人済み
実年齢12歳
身長188cm
好物果物
弱点
従者カゲ
登場作品Ikki Fantasy(Eno.2060)
戯書

キャラクターデータ

雄のハーピィ
白い長髪、橙眼の淡い蒼寄りの白い翼を持ったハーピィの青年。
穏やかな性格、言葉遣いも下手な人間よりも丁寧である。
ハーピィとしては大変珍しい雄のハーピィである。
メルンテーゼの山岳地帯にある大樹、
そこを巣とするハーピィ達の集落ジェンティレで生まれた。
狂歌と共に
ジェンティレでハーピィは雌単体で増える。
彼女達は"旋律"と呼ばれる言葉とは別の歌の言語を持つ。
歌に魔力を込めることで、癒やしや強化等が出来る。
故に彼女達はエンブリオであり、レイも本来はエンブリオであった。

集落で雄のハーピィが生まれることはほとんど無く、
また、雄のハーピィは集落での禁歌、"狂歌"を生まれながらに操ることが出来る為、
災厄の象徴とされた。
母鳥はストレスから彼の存在を忘却し、長に育てられる。
彼らで成人を越える10歳の頃、疎まれる周りから逃げるように集落を出ると、
各地を旅し、12歳の折、やがてメルンテーゼ全体の存続をかけることになる"ikki"へと参加することになった。
カゲとの出逢い
エンブリオでありながら、ikkiに参加する過程で紅花、ネクターを用いて契約者側となり、
闇の化身のエンブリオ、カゲと出逢い、契約を結ぶ。
彼らは共にikkiを生き、戦い、歩み、やがて契約者とエンブリオではなく、
友のような存在と互いを認識するようになった。

カゲは今現在、彼が愛する闇豹の元にいるが、
闇を通して現在も庇護を受けている。
ウィトサーレとウィリアム
ikkiに参加する最中、闇豹達のチームと出逢い、
チーム内の不思議な吟遊詩人であるウィトサーレと出逢う。

ikki途中まで一緒に居た兎人を狂歌で亡くし、
また、ウィトサーレすらも狂歌で彼の悲惨な過去を呼び起こしてしまう。
しかし、それはウィトサーレがウィリアムという真名であった頃の過去を思い出させ、
彼とレイは交流をし、彼らは義理の親子として、
ウィリアムは妻子を失った、レイは母親に忘れられた過去を互いに埋め合う関係となった。

ウィリアムは過去の復讐を心に決めており、
彼の復讐をレイは止めてはいない。

例え、ふたりの歩む道が、余り残されていなくても。
きっと、子は足掻くのだろう。出来うる限りを。
自然が、彼らを大地と空に還すまで。

例えどちらかが先に命尽き果てるとも
彼らは承知の上で共に居るのだろう。

『どうか願わくば、彼らが少しでも、幸せでありますように。』
Ikki Fantasy ENo.1874のPL 杯 荒戸さんよりプロフ絵を頂きました。(クリックで原寸大)

Ikki Fantasy ENo.204のPL isanaさんより、
コミュニティ分割世界事典の扉絵としてお描きいただきました。(クリックで原寸大)



 リンク  タイトルページへ / このページのトップへ 
 索引へ  作品別 / 世界別 / 五十音順 
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

編集にはIDが必要です